松本弁講座 - な行
トップ  >  な行

「な」の方言


松本弁:なから
標準語:だいたい、区切りのいいところ

「なから終わった」は「だいたい終わった」と訳す。
「なからに(訳:区切りがいいところで終わりに)して小昼にするじ」と言うのもよく使う言い回し。

松本弁:なるい
標準語:ゆるい、やさしいなど

「ゆるい」「楽に」「優しい」「簡単」などある事象に対して抵抗が少ない状態のときに使う。
「なるい坂」は「(勾配が)楽な坂」となる。
まれに「味」に対しても使う。「なるい味」とは、まずいわけではないが「ここが美味しい!」とは言えない味を指す。

松本弁:なるったけ
標準語:なるべく

方言としては理解しやすい。
「なるべく優しくしてくれるよね?」は「なるったけ優しくするずら?」となる。

松本弁:なんしろ
標準語:何としても

方言としてより略語に近い。
「なんとしても合格してもらわないと、話にならない」は「なんしろ合格しねーと、話になんねぇ」となる。



「に」の方言


登録がまだありません!
もしありましたら お問い合わせ からご連絡下さい!
皆様からの情報をお待ちしております。



「ぬ」の方言


登録がまだありません!
もしありましたら お問い合わせ からご連絡下さい!
皆様からの情報をお待ちしております。



「ね」の方言


松本弁:寝て起きる
標準語:寝る

「そんなにねむけりゃ寝て起きな」は「そんなに眠いのなら(ちょっと)寝れば(元気になる)」と訳す。
方言とはちょっと違うかもしれないが、松本人は「寝る」という行為に「起きる」を付け加えることで「今の状態より元気なる」というニュアンスにする。



「の」の方言


登録がまだありません!
もしありましたら お問い合わせ からご連絡下さい!
皆様からの情報をお待ちしております。


プリンタ用画面
前
た行
カテゴリートップ
松本弁講座
次
は行